ワーキングホリデー 英会話 体験談

Australiaでのeasy going life!

ワーキングホリデー中の私の格闘

 

オーストラリア ワーキングホリデー

私のワーキングホリデー中に頑張ったことは、一切日本語を話さないようにしたことです。

 

私の英語力は当時高校卒業レベルだったので、ワーキングホリデーを始めたばかりの時は毎日格闘でした。

 

語学学校も日本人がいないところを、と思っていたので、現地で自分の力で申し込んだので、入学説明など、ほとんど何を説明されているのか分からなくて大変でした。

 

家を探すときも、しっかり説明を聞くべきお金のことや、生活手段のことなど、肝心なことでもわからないことが多くて心配ばかりの毎日でした。

 

しかし、そんなこんなで毎日英語だけでコミュニケーションをとっていたこともあり、私の語学力は日ごとにみるみる伸びていきました。もちろんわからなくて悔しい思いもたくさんしましたし、本当にピンチだ!という経験もありますが、結局全て問題なく解決できましたし、その分次説明するときは絶対思うように話してやる、と思っていたので、モチベーションアップにもつながりました。

 

これからワーキングホリデーに行く人は、是非自分との挑戦をしてみてほしいと思います。高い目標を掲げれば掲げただけ、きっと実りのある時間が過ごせるはずです。

 

ワーキングホリデーでの仕事の探し方

オーストラリア ワーキングホリデー

 

私が主に活用していたのは、ガムツリーという現地のインターネット上の掲示板です。

 

家を借りるときや、必要なものをセカンドハンドで安く買うときなど、本当に役に立ちました。もちろんオーストラリアの掲示板なので全て英語ですが、それでも生活に必要なときは必死こいてどうにか訳します。

 

また、その結果、必要な文章や単語を、長い文章の中からピックアップして読む、という速読の能力も付きました。全てが自分の学習のためだ、と思えば些細なわずらわしさも楽しく思えると思います。

 

また、毎日続けて必要になってくる能力なので、自分の能力の伸びしろを生活の中で実感することが出来ます。

 

仕事を探すときのレジュメの書き方で、文化の違いを知ったり、仕事の面接で何回も失敗して痛い思いをしたりと、波乱万丈でしたが、その分ドラマがあって今振り返ると本でも書けそうな毎日だったと思います。

 

とにかく、仕事を見つけたい人はガムツリーで自分の働きたいエリアやキーワードを検索して、メールで履歴書を送ったり、直接店舗に手で届けるのが効果的でしょう。

 

面接までたどり着いたら、後はガンガン自分を押していきましょう。自信を持っていることは何より大切です。