ワーキングホリデー 英会話 体験談

英語力が身につかなかった、あまり必要なかった時期

 

オーストラリア ワーキングホリデー

なぜ、私がワーキングホリデーをしたかというと、働いて金を稼ぎながら、外国で英語を学習できることにあります。

 

オーストラリアは、日本に対して好意的な人は多く、それでいて、安全でもあることから、ワーキングホリデーを初めてやる際に候補にしました。

 

そして、海外へ行ったことのない私でも、抜群の環境であることから、選択しました。

 

オーストラリアでワーキングホリデーをしようと思うと、最大で2年しか居られないために、集中して日々の生活を送ろうと思いました。
オーストラリアでどのような仕事がやりやすいかは、私が思ったなかでは、美容師と調理師がそうではないのかなと感じました。オーストラリアでなく、ほかの国でも、この仕事は、比較的見つかりやすい部類なのではないでしょうか。

 

しかし、英語が堪能でなければ、オーストラリアに在住している人が経営している店では就業しづらいかもしれません。なので、英語があまり得意でない私としては、結局、日本人がやっている店に雇ってもらうしかなかったです。

 

そのようにすれば、日本にいる際と同じになってしまいかねないことから、本来であれば英語ができるに越したことはありません。日常生活で困らない程度の英語力があれば、英語圏の人ばかりの環境でも仕事ができるでしょう。

 

環境によっては、英語ができないことは致命的

オーストラリア ワーキングホリデー

 

環境によっては、英語ができないことは致命的

 

英語ができないからといっても、何らかのジェスチャーでカバーできるほど社交的な性格を持っている人であれば、何とかなるかも知れません。

 

ありがちなことなのですが、オーストラリアの人と仕事をすれば、意思表示の苦手な日本人であることから、誰しもが嫌がる仕事を無理強いされてしまうことも少なくはなかったです。

 

具体的には、ウエイトレスのバイトをしていた際に、私だけがあくせくと働いているにもかかわらず、現地出身のスタッフは、楽しそうに喋っていたということもあり、気分が悪くなりました。
お人好しの日本人というように舐められないようにすることも重要ですね。

 

オーストラリアでは、物価が低いと思っていたのですが、こうした予想に反していました。そのために、ワーキングホリデーのために金をためておくことをオススメします。ほかの国と比較すれば、オーストラリアは仕事にありつけやすいのですが、なるべく多く貯金しておきましょう。

 

オーストラリアでは、周りを見れば日本人ばかりの生活だったのですが、これに嫌気がさして、タスマニアに行きました。
すると、タスマニアではオーストラリアとは異なり、トラブルの連発です。このために、英語力を必死で身につけていく必要性が出てきました。そうすると、本物の生きた英語力が見についている実感を得ることができました。

 

ワーキングホリデーを通して、学んだことは英語力や資力もそうなのですが、最も重要なことは、自己主張、言い換えれば、どのようなことをしたいのか、意思を明確に強調すべきことなのかなとも思いました。